仏陀のお生まれになったルンビニ行

仏陀のお生まれになったルンビニへ ポッカラからローカルバスに乗った。 ネパールのローカルバスは乗客のいる場所なら 何処でも止まります。 ネパールではローカルバスは何処で待っていても乗れるのです。 ツーリストバスは合図しても絶対止まりません。 乗客は色んな人が乗ってきます。 ヤギなどの動物を連れて歩く人もいます。 山道は当時ガードがありませんでした。 今ですと…

続きを読む

マリワナを吸うのは悪いこと?

マリワナを吸うのは悪いことではありません。 この国の法律では 所持するだけで罰せられますが、お国が変われば どうと言うこともない物である。 と~らの作った川柳に “ 麻薬とは俺の事かとガンジャ言い ”というのがある。 ガンジャは印度ネパール地方での呼び名で山歩きすると 道端によく繁茂している。 繁茂している理由は放し飼いの水牛や他の動物が食べない からである。他の食…

続きを読む

タイ北端、アヘン部落に行くの巻

タイ北端ミャンマーの国境に様々な山岳民族がいて その中のアカ族はケシを自家栽培し、 阿片を日常的に常用する事で知られている。 アカは山の尾根に部落をつくりそこは 人口100人にみたない小さなセトルメントです。 タイになるのかミャンマーにいるのかよくわからない。 最寄の国境チェックポイントはメサイでした。 そこからそれほど近くにある訳ではない。 そういう曖昧な所にいるの…

続きを読む

阿片の効果効能

効果効能は理由もなしに幸福感があることで それはこの種のハードドラッグに共通しています。 これを習慣化したら中毒になるのは必定です。 でもちょいと経験したからってすぐに 中毒にはなりません。 もうひとつの効果効能は、これが一番よかったと 感じていますが、 みんな夢だと分ったことです。 アヘンが誘因する極彩色の明晰夢( Lucid dream)も そから目覚めた時の普通の…

続きを読む

ONCE A HOBO ALWAYS A HOBO(一度方々いつも方々)

ホーボーは貨物列車にただ乗りして 方々旅をする 日々旅にして、旅を棲家とす ヒッチハイクだと運転手とお話ししなきゃならんし これはそれがありません。 大きな町には必ずTRAIN YARDという場所がある。 かなり広い、やたらに貨物列車ごっちゃになっていて どれに乗ればいいのか? 分る訳がない 何処にも行き先書いてない、それで、 そこにいるSWITCH MAN〈列車・車両…

続きを読む

ネパールの山道の歩き方

NAMASTE Dhaju Bhai Didi Bhueni Haru “ ネパールの治安はどうですか? ” とよく聞かれる。 と~らがトレッキングに行く時は一人で行くのが多いが もう長いので友人と一緒に行くこともある。 女性一人で旅行する人も良く見かけますが、西洋人が多いようです。 日本人女性も会ったことあります。しかし 皆さんいい度胸ですね、おんなは度胸でしたっけ?…

続きを読む

人間は何度も生まれて来るのか!?

左は発明家ディーン ケイメン氏、 右は ベンジャミン フランクりン アメリカ建国の父の一人。  ベン フランクりンの写真の下にはこう書いてる。 “ 私は眠りが我々の構成に必要であると同じ様に死 を見ています。 朝には真新しくなって目覚めるでしょう” ベンジャミン フランクりン ベン フランクりンは人は何度も生まれて来ると言っている。 生前自分の墓碑銘を書いています。 …

続きを読む

豚も薬物にラリる

前述のアカ族の部落ですが トイレがないのです。 綺麗といえば、そうトイレがないので 匂いも何もありません。 “ じゃどうするんだ? ”っておれも 聞いたんだよ、“ どこでやってもいいんだよ ” という事でした。 でもさ普通トイレくらいあるんだよな と~らはヒマラヤの山奥にも行ったことある、 トイレはありました。 何故トイレつくらないのか?  余程綺麗好きなのかも…

続きを読む

この方法でと~らは煙草をやめた!!!

その方法は?・・→ 他力本願で止める。 ネパールのマナカマナの神様にお願いする。 当時ネパールはポッカラ市に住んでいたので マナカマナの神様にお願いした。 煙草は何度も止めるのを失敗して それで何度目であったのか分からないくらいだった。 多分30年の喫煙歴でした。 友人のラムは酒を止めたいと念願していた。 二人がローカルバスに乗って出発したのは もう10…

続きを読む

タイのオマワリさんに恐喝される

これは数年前チェンライのことですが、 しょっちゅう移動はバイクでした。 あまり人もいない車も走っていない 路地裏でユーターンしたら 調度それを舗道で見ていた警官が止まれと言う。 ちょっと交番まで来いと言うので言われるままに行くと、 あそこはUターン禁止で1万バーツ払えば見逃してやると言われた。 払わなければ大変なことになるぞと言って恐喝である。 これが制服を着た警官な…

続きを読む

インドにある男女交合の遺跡群を見た女性のリアクションは男性と同じ

(之はと~ら作、カジュラホ) 印度に彫刻のポルノの遺跡群があるの知ってる? 彫刻のポルノとこの遺跡群を呼んだのは他でもないと~らです。 旅行書には書いてないだろう多分。 それはマドヤプラデッシュ州にあるカジュラホです。 と~らは最寄の鉄道の駅からバスで行きましたが、デリーから 航空機も飛んでると聞いています。観光に行かれるのでしたら カップルで行かれる事をお…

続きを読む

カナダBC州の野火がひどい

BC州の森林火災が燃え盛っている一時は132箇所で出火し 現在も4万5千人が避難していてすでにプリンスエドワード島と同面積が 焼失したのだそうだ。 ニュージーランド、オーストラリア、メキシコから 昨日、今日と応援の消防士が到着しました。 カナダの軍隊も事態の収拾に出動しています。 これ前代未聞の山火事です。ほとんどBC ON FIRE みたいです。 これだけ燃えてると空気…

続きを読む

その寺の門前でDALAI LAMAとばったり出会う

その寺とはマハボディ テンプルです。 初めてボダガヤに来ましてそして 初めてマハボディ テンプルにお参りに来ると ダライラマ14世が門前でにこやかに微笑んでいました。 周りにはティベット人の人垣が出来ています。 ロックスターみたいでした。そして 白い光を放っている、無言で微笑んでいる。 偶然でダライラマに出会うことできるだろうか?   それは皇居に行ったら偶然天皇陛下に…

続きを読む

半人前のプータローでも何かの役にたってる~ネパール民話

ダウラギリがよく見える 村のバジャイは毎日川まで 水汲みに行きます。竹棒の 両端に二つのカメを肩に乗せて 運びます。ひとつのカメにはヒビがあり もうひとつは完璧でした。 ですので家に戻るとひびのあるカメには 半分しか水がありません。 それでもバジャイは毎朝水を汲みに 行きました。 ある日ヒビのあるカメが言いました “いつも半分しか…

続きを読む

植林キャンプのお風呂は混浴だった

カナダの植林キャンプは男女の区別がない おふろもトイレも男女兼用で 風呂と言ってもシャワーですが、外で待ってると 同僚の女性が出てくる、脱衣所はないから すごくこのセットアップは一体感があります。 キャンプも大抵何も無い辺鄙な場所に作ります。 絵のような所ですので英単語はTREE PLANTERがあるだけで 女性形がありません。 たとえばWAITER WAITRE…

続きを読む

フランスのFREEDOM FIGHTERはパスポート名ではなく任意の名前で入隊できる

こないだフランスにいた時に知ったのだが フランスにフリードムファイターという軍隊がある。 入隊時にはそれなりの体力と 若さも要求されるだろう。普通の軍隊とおなじで 体にどこか悪いところあると入れない様です。 同じでないのは、志願者はどこの国でもOKで パスポート名ではなく任意の名前で入隊できると言うこと。   生年月日も同様に任意の生年月日で良いのだそうだ…

続きを読む

バンクーバー島のパークスビル近くにあるRath Trevor Park

旅の道草に描く水彩画、公園は思いの他ひろく全体が海に面している。 キャンプ場も広く、カナダは何処でも広い、大きなRVも入れて 水と電気のHOOKUPあり。 と~らはテントですが供え付きキャンプテーブルがあり その横にテントを張るのです。 テーブルで描いてると、中学生くらいの女の子が “ それ売ってくれませんか? ”と聞きに来る。カナダの人は気持ちがオープンなの…

続きを読む

ネパールのゴルは働くために生まれて来た牛で、生殖休みもありません

旅の道草に描く水彩画はがんどるんの風景です。 ネパールにはGORUと呼ばれる去勢牛がいて、何時も働いてばかりいます。 ゴルは働くために生まれて来た牛で、生殖休みもない 文字通りつぶれるまで働きます。ゴルの様に働くというネーパール語の フレーズがあります。 現代人間社会にもゴルの様な人いる様ですね、 過労死したりしますがゴルが死ぬ時は過労死ですから。 人間は働くた…

続きを読む